噛み合わせ顎関節症|

月〜土まで/日・祝休み

INTERLOCKING

噛み合わせ顎関節症

噛み合わせについて

噛み合わせについて

噛み合わせは姿勢に対して大きな影響を及ぼします。姿勢や頭位、顔のゆがみは健康のバロメーターとして大変に重要な部分です。全身全てのバランスを整えることで、健康的でいきいきした美しさを保ちましょう。

歯並びや噛み合わせが悪い、歯のないところを放置している、ストレスなど色々な原因で顎の関節の炎症や変形が起き、悪化すると、口を動かすと顎が鳴ったり、顎関節や筋肉に痛みが出たり、口が開けられなくなる事もあります。

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは、「顎が痛い」、「顎の関節がカクカクなる」、「口が開けづらい(開かない)」、「口の開閉時に痛みがある」などの症状の総称です。顎関節症と言っても、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから、顎の骨の変形や開口障害など、手術を必要とする重い症状のものまで幅広く存在します。 顎の筋肉痛など一時的に痛みが発生しても、自然に治る場合もあります。

顎になんらかの症状がある現代人は多く、患者層も子供から高齢者まで幅広く見られる病気ですが、特に若い女性に多い病気であると言われています。 顎関節症の症状や原因は様々であり、その治療法も症状や原因により変わってきます。 案外と親知らずが、関係している場合もあります。
症状の軽重に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。

治療法

まず、関節の状態を調べる為に専門的な精密検査を受け、的確な診断・治療計画を立てます。
治療には鎮痛消炎剤を使ったり、噛み合わせを安定させる装具(スプリント)を使用したりすることで、症状を和らげることが出来ます。
根本的には、噛み合わせを治すこと、例えば・・・歯のないところに義歯やインプラントを入れたり、かぶせ物を修整したり、矯正をすることが必要になる場合もあります。

pagetop